サービス案内

SERVICE

サービス案内

ご家族を支え、
みんなを笑顔にする
一人一人に寄り添えるケアを

訪問看護ステーションハロは、よりよい在宅生活をサポートしています。
ご利用者様は一人一人、今までの生活スタイルや理想とする姿が異なります。そのため、一方的に型のはまったサービスを提供することは致しません。ご利用者様やご家族と密接にコミュニケーションをとり、一緒によりよい生活の実現を考えながら、サービスをご提供したいと考えています。住み慣れた家や地域で暮らし続けるために、共に歩んでいきたいと考えています。

What Visit Nursing

訪問看護の内容は?

主治医の訪問看護指示書にもとづき作成した訪問看護計画に沿って以下の内容等を行います。また、病状に変化が見られた場合等には主治医に報告し、迅速に対応します。

業務内容

  • 健康チェックと相談

    毎回訪問の際に、症状に合わせての健康管理をします。数値だけでなく日頃の調子を会話の中から聞き取り状態を把握し、主治医やご家族と情報の連携を行います。

  • 医学的処置や管理

    病院で行われる医療的看護を主治医連携のもと、ご自宅で行うことができます。床ずれ、人工肛門など様々なご要望に対応することが可能です。

  • 日常生活の看護

    一人一人にあった看護を行います。また、日常生活を出来るようになる為の訓練もリハビリ専門職が行うことが可能です。より良い生活のサポートをします。

  • 在宅リハビリテーション

    リハビリ専門職を配置し、身体の状態に合わせた訓練をしてきます。ご本人が望まれる生活が出来るよう訓練のサポートを行い、生活動作の改善を図っていきます。

  • 介護方法の相談

    在宅でご家族を見ていくのは、不安を抱えることも多いです。そんな中でも経験豊富な看護師が相談にのりながら支援をします。一緒に考えていきますので、何でもご相談ください。

指定内容

  • 指定居宅サービス事業者
  • 指定介護予防サービス事業者
  • 指定訪問看護事業者
  • 生活保護法の指定介護機関
  • 生活保護法の指定医療機関
  • 被爆者一般疫病医療機関
  • 難病医療費助成指定医療機関
  • 指定小児慢性特定疫病指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関
    (精神通院医療・更生医療・育成医療)
  • 重度障がい者医療費助成制度・身体障害・知的障がい者の医療助成対応
  • 精神科訪問看護対応
  • 場合により24時間対応

Cost Summary

訪問看護費用の概要

介護保険

対象となる方
  • 65歳以上の要介護認定を受けている方
  • 40歳〜64歳で加齢に伴う特定疫病の方
  • 訪問看護師による居宅療養管理指導新規要介護(要支援)認定時や区分変更時6ヶ月以内に2回、医師が必要と判断した場合に、利用者の同意を得て、訪問看護師が医療者宅を訪問して在宅療養の不安や悩みについて相談にのり、初期の段階で解決を図ります。また、必要に応じて訪問看護や診療に繋ぐことにより、病状の悪化を防ぎます。
訪問看護にかかわる費用

費用は、訪問看護費と加算の合計となり、訪問の頻度・滞在時間・場所・訪問する職種などで異なります。

  1. 訪問看護費(滞在時間による)
    ①20分未満(310単位)
    ②30分未満(463単位)
    ③30分〜1時間(814単位)
    ④1時間〜1.5時間(1117単位)
    ⑤理学療法士等の場合は1回につき(302単位)
  2. 各種加算(看護体制・状態・条件による)

※ 1単位=10円〜12円
(地域によって異なります)

主な各種加算
緊急時訪問看護加算、特別管理加算、初回加算、サービス体制強化加算等
利用料の負担割合
1〜2割負担
利用料の具体例
(1ヶ月)

週1回60分看護師が訪問した1割負担の利用者の場合(1単位10円の地域)

814単位×4回×10円=32,560円
32,560円の1割負担なので1ヶ月の自己負担額は、3,256円になります。

医療保険

対象となる方
  1. 要支援者。要介護者のうち
    ※厚生労働大臣の定める疾患等も利用者
    ※特別訪問看護支持者が交付された時
    ※精神科訪問看護師指示書が交付された場合(認知症を除く)
  2. 要介護・要支援認定が非該当の方
  3. 要介護認定未申請の方
  4. 64歳までの医療保険加入者
訪問看護にかかわる費用

費用は、療養費と加算の合計となり、訪問の頻度・滞在時間・場所・訪問する職種などで異なります。

  1. 基本療養費(3,870〜6,550円)
  2. 管理療養費(2,980〜12,400円)
  3. 情報提供療養費(1,500円)
  4. 各種加算(看護体制・状態・条件による)
主な各種加算
24時間対応体制加算、特別管理加算、夜間・早朝加算、深夜加算、長時間加算等
利用料の負担割合
後期高齢者医療 75歳以上 1割〜3割
前期高齢者医療 70歳〜74歳 1割〜3割
各医療保険 一般 3割
未就学児〜中学校卒業まで 200円/月
利用料の具体例
(1ヶ月)

週1回60分看護師が訪問した3割負担の利用者の場合

①5,550円×4回=22,200円
②16,340円
③1,500円

①〜③の合計40,040円の3割負担なので、1ヶ月の自己負担は、12,012円です。

介護保険 医療保険
対象となる方
  • 65歳以上の要介護認定を受けている方
  • 40歳〜64歳で加齢に伴う特定疫病の方
  • 訪問看護師による居宅療養管理指導新規要介護(要支援)認定時や区分変更時6ヶ月以内に2回、医師が必要と判断した場合に、利用者の同意を得て、訪問看護師が医療者宅を訪問して在宅療養の不安や悩みについて相談にのり、初期の段階で解決を図ります。また、必要に応じて訪問看護や診療に繋ぐことにより、病状の悪化を防ぎます。
  1. 要支援者。要介護者のうち
    ※厚生労働大臣の定める疾患等も利用者
    ※特別訪問看護支持者が交付された時
    ※精神訪問看護師指示書が交付された場合(認知症を除く)
  2. 要介護・要支援認定が非該当の方
  3. 要介護認定未申請の方
  4. 64歳までの医療保険加入者
訪問看護にかかわる費用

費用は、訪問看護費と加算の合計となり、訪問の頻度・滞在時間・場所・訪問する職種などで異なります。

  1. 訪問看護費(滞在時間による)
    ①20分未満(310単位)
    ②30分未満(463単位)
    ③30分〜1時間(814単位)
    ④1時間〜1.5時間(1117単位)
    ⑤理学療法士等の場合は1回につき(302単位)
  2. 各種加算(看護体制・状態・条件による)

※ 1単位=10円〜12円
(地域によって異なります)

費用は、療養費と加算の合計となり、訪問の頻度・滞在時間・場所・訪問する職種などで異なります。

  1. 基本療養費(3,870〜6,550円)
  2. 管理療養費(2,980〜12,400円)
  3. 情報提供療養費(1,500円)
  4. 各種加算(看護体制・状態・条件による)
主な各種加算 緊急時訪問看護加算、特別管理加算、初回加算、サービス体制強化加算等 24時間対応体制加算、特別管理加算、夜間・早朝加算、深夜加算、長時間加算等
利用料の負担割合 1〜2割負担 後期高齢者医療 75歳以上 1割〜3割
前期高齢者医療 70歳〜74歳 1割〜3割
各医療保険 一般 3割
未就学児〜中学校卒業まで 200円/月
利用料の具体的例
(1ヶ月)

週1回60分看護師が訪問した1割負担の利用者の場合(1単位10円の地域)

814単位×4回×10円=32,560円
32,560円の1割負担なので1ヶ月の自己負担額は、3,256円になります。

週1回60分看護師が訪問した3割負担の利用者の場合

①5,550円×4回=22,200円
②16,340円
③1,500円

①〜③の合計40,040円の3割負担なので、1ヶ月の自己負担は、12,012円です。

Study Nursing

教えて!訪問看護

訪問看護を受けられる人は?

介護保険を利用の方、介護保険の結果で要支援・要介護認定を受けられた方で、主治医が訪問看護を必要と認めた方、病気や障がいなどにより在宅療養をされている方で、主治医が訪問看護を必要と認めた方

訪問看護をする人は?

看護師がご自宅にお伺いします

利用できる回数は?

【介護保険を利用の方】
ケアプランにもとづいた回数
【医療保険を利用の方】
主治医の訪問看護指示書に基づき、原則として週3回以内

訪問看護サービス時間は?

訪問看護サービス提供時間(1回あたり)
介護保険をご利用の方は、20分未満、30分未満、1時間未満、1時間30分未満のいずれか(リハビリ職員の場合、20分以上、40分以上、60分以上のいずれか)
医療保険のご利用の方は、30分から1時間30分程度、症状や状態によって規定の時間をオーバーし、長時間の訪問時間を頂くこともあります。

利用料は?

【介護保険をご利用の方】
受けたサービス費用の1割
【医療保険をご利用の方】
健康保険の自己負担割合に応じた金額

申し込み方法は?

①かかりつけの医師に相談
②訪問看護ステーションに相談
③居宅介護支援事業所のケアマネージャーに相談
④地域連携室や退院調整担当の方に相談

小児でも訪問看護を利用できますか?

・乳幼児から利用可能です
・疾患によっては、自己負担なく利用可能です
・特定疾患の場合、一定額で利用可能です
・3歳以上中学校卒業まで1ヶ月に3,000円以上は公費負担です

病院を退院するにあたって今後訪問看護の利用を考えているのですが・・・

主治医、病棟看護師さんに相談し退院の見通しがつけば早めに訪問看護ステーションに連絡をとってください。退院前に打ち合わせをします。訪問看護体制については、訪問看護ステーションにお問い合わせください。他の在宅サービス利用の必要があればあらかじめ介護保険の要介護認定を受けてください。

ご利用時に交通費はかかりますか?

必要となることもありますので、お問い合わせください。

介護保険要介護認定は必要ですか?

医療保険でも、訪問看護サービスは利用可能です。

Frow Agreement

契約・相談の流れ